痩せるにはどうする?対策講座

痩せるにはどうすればよいのでしょうか?その回答は、このサイトを隈なく見ていただければ、しっかりと書いてあります。

私も以前は太っていました。ですが痩せるにはどうすればよいか?調べて試行錯誤する中で、その秘訣を会得するに至っています。これは特別むずかしいことではなく、分かってしまえば、誰にでも実行可能なものです。

痩せるには、一番何が必要だと思いますか?食事制限でしょうか?それとも何時間もウォーキングやジョギングをすることでしょうか?あるいは絶食や断食のような、極端な食事制限をしないと、ダイエットで痩せれないのでしょうか?実は、いずれも不正解です。それどころか、いずれも太る原因であり、リバウンドの危険性を抱えています。

痩せるには、上記と正反対のことを行なえばよいのです。つまり、しっかりと食事を摂る。ウォーキングなどの有酸素運動は短時間で済ます。プチ断食のようなものはリスクが高いので、やらない。・・・ということです。

痩せるには、まずは朝・昼・晩の3度の食事を欠かさずに摂ることです。まずは、これが出来ていない女性が多いのではないでしょうか?朝抜きダイエットは、痩せれない原因のナンバーワンです。なぜなら昨晩からずっと食べていないので、脳には決定的にブドウ糖が不足しています。そのため、あなたの筋肉のなかからブドウ糖を作り出すのです。これが基礎代謝の低下をもたらし、太りやすい体質を着々と作ることになります。

朝食抜きダイエットをすると、交感神経に切り替わらないうえに、体温も上昇しません。そのため低体温や冷え性をもたらし、血行を悪くします。その結果、脂肪の燃焼効率が悪くなるので、そのほかで、いくら有酸素運動に頑張っても、水の泡ともなりかねません。それだけではなく朝食を食べないと、便が押し出されずに、便秘になってしまいます。

以上のように痩せるためには、まずは朝起きたら、朝食をしっかり摂ることが第一歩です。これをしないと、何も始まりません。では次に、何をすればよいのでしょうか?次は昼までに、間食を一切摂らないことです。どうしても甘いものが欲しくなったら、チョコレート1個(約25kcal)だけにしておきましょう。

昼までに間食を摂りたくなるのは、朝食が脂っこいものであることも、ひとつの要因です。そのほか、よく噛まないために、十分に満腹中枢が刺激されていないとも考えられます。その意味では、軟らかいパンにバターたっぷりでは、摂食中枢が頭をもたげてくるのです。しっかり噛んで食べれる和食(日本食)に切り替えることも、ひとつのアイデアです。

痩せるには、昼までに、上記のようなスケジュールがオススメです。昼食は太りづらい時間帯なので、脂っこいものを食べてもOKです。夕食をボリュームのあるものにしたい女性は、昼は少なめにしておいたほうがよいでしょう。1日全体の摂取カロリーの総和を考えてのことです。

昼に脂っこいものを食べると、しばらくして甘いものが欲しくなってきます。そこで3時におやつを食べます。3時は、じつは1日のうちで最も太りづらい時間帯。このときに食べる洋菓子や和菓子、スウィーツは脂肪になりづらいのです。痩せるにはストレス解消も大切なことですから、3時には必ず食べるようにします。また、これが夕方の運動のためのエネルギー源となります。

夕方はもっとも体温が高いときなので、運動のチャンスです。夕食前なので空腹感もあり、すぐに脂肪が燃焼します。筋トレもこのときです。そして、そのあとすぐに夕食を摂って、タンパク質や炭水化物を補給します。これが筋肉の材料やエネルギーになります。

痩せるには睡眠も大切です。寝る前の3時間は絶対に食べないほうがよいでしょう。夜は副交感神経に切り替わっているので、脂肪をため込みやすい時間帯なのです。寝る直前にストレッチをして、リラックスすれば、深い眠りが訪れます。そうすれば成長ホルモンが多く分泌されて、脂肪を分解してくれます。女性の場合、睡眠は傷んだ肌を修復し、美白・美肌を実現する「美容の時間帯」でもあるのです。

痩せるには、以上のように生活全体でトータルにスケジュールを組むことが大切です。これだけを食べれば痩せられるとか、エステに行けばスリムになれるというように、1つに依存するダイエット方法では、結局はうまくいかないものです。ダイエットで痩せるためには、毎日の地味な積み重ねが大事なポイントになるのです。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)